お小遣いサイトのポイントを楽天銀行で、はじめて現金に交換!

小遣い稼ぎのお仕事
スポンサーリンク

モッピーの初めてのミッション「 ツタヤディスカス」のポイントが確定してから1カ月足らずがたち、確定ベースで20355Pを得ることに成功しました。

今までに報酬が確定したミッションは下記のとおりです。

さほど苦労せずにこれだけのポイントが得られるなら、「もっと早くモッピーを知っていれば…」という思いを禁じえません。

しかし疑い深い私としては、ポイントが実際に利用できることが確認されるまでは安心できません。

モッピーではポイントを現金にする他に、手数料無料でギフト券やVISAプリペイドカードへ交換して、ネット通販や実際のお店で使うこともできます。

ポイントとして利用するのもいいと思いますが、経済の基本は現金です。今回はモッピーポイントが実際に現金化できるか検証してみます。

スポンサーリンク

楽天銀行へ振込をしてモッピーポイントを現金化してみる

モッピーポイントの利用方法は Edyなどの電子マネーや大手通販サイトのギフト券 などたくさんあります。

今回は現金化が目的なので、銀行への振込手続きを行います。振込に必要な手数料もポイントで支払う仕組みです。

今回私が選んだ銀行は「楽天銀行」、振込手数料としてはモッピー経由で口座を作った「ジャパンネット銀行」のほうが手数料は安いのですが、「楽天銀行」は振込があった場合にメールで通知してくれる振込通知機能があるので、今回は「楽天銀行」を使います。

銀行への換金レートと振込手数料

ポイントを銀行へ振り込む際の換金レートは1ポイント=1円。手数料は銀行によって違います。

モッピーポイントの交換はモッピーのウェブサイトの右上にある「交換」と書いたボタンから行います。現金への交換は300P以上が交換対象で、ゆうちょ銀行や信用金庫へも振込が可能です。

手数料が安い銀行順にあげていくと、「ゆうちょ銀行」と「三井住友銀行」が30P、「ジャパンネット銀行」54P、「楽天銀行」105P、その他の銀行や信用金庫は147Pです。

モッピーポイントの交換手順

振込先の銀行が決まったら、交換ボタンを押下、モッピーで登録した「秘密のこたえ」を入力すると銀行口座の指定です。

間違った口座を指定すると振り込まれないのでここは一番の注意ポイントです。

振込金額は現在確定されたポイントの全部20355P、このあとにモッピーから確認メールが来ます。

メールの中のリンクをクリックしないと手続きが完了しません。

クリックを行ったあとにサイトのモッピーポイントをみると振り込んだ分が差し引きされて表示されます。

モッピー通帳のポイント確定明細を確認すると振り込んだ分だけマイナス表記されています。

振込予定としては土日祝日を除く5日以内。あとは楽天銀行から振込確認メールが来るのをじっと待つだけです。

モッピーを始めるには

さっそくお小遣い稼ぎをやってみたいと思った人は、モッピーで広告を探す前に無料の会員登録を下記のバナーから終わらせておく必要があります。

登録にはメールアドレスが必要なので、持ってない人はGメールのようなフリーメールでもいいので用意しておきましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

まとめ

無事に楽天銀行から振込みメールがやって来て、金額も手数料を差し引いた2,0250円問題なく現金化できました。

楽天銀行への振込を行ったのは2017年8月10日、振り込まれた日は2017年8月14日なので、振込実施日から4日後、実にスムーズに現金化できました。

モッピーのポイントは確実に現金化することが証明されましたので、これからもガンガンポイントを取りに行きたいと思います。

あなたもモッピーにチャレンジしてみたいと思ったら、下記バナーからアカウント登録してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました